弁護士に聞きたいB型肝炎訴訟の条件とは

国に損害賠償を請求する「B型肝炎訴訟」を提起し和解が成立することで給付金を受け取れます。

TOP B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟 B型肝炎訴訟費用 B型肝炎訴訟弁護士 B型肝炎の感染原因と予防接種の必要性

目次

B型肝炎の感染原因と予防接種の必要性

B型肝炎の感染の原因は、主に体液や血液です。昔は医療器具の消毒不足による感染も問題視されていましたが、現在では性行為による感染がかなり増えています。

B型肝炎で恐いところは、感染しても無自覚のまま定着するキャリアが存在することです。パートナーがキャリアである場合、予防接種が必要になります。

感染しても症状が出ないことは多々ありますが、中にはガンになってしまうケースもありますので、リスクを減らすために予防接種を行わなければなりません。

最近では、簡単に検査を受けることができますし、治療のレベルも向上しています。

B型肝炎給付金、誰に相談するか

B型肝炎給付金を請求したい場合は、B型肝炎訴訟問題に精通し、長年にわたる実績がある弁護士法人に相談するのが一番です。全国の案件に対応してくれる弁護士法人がほとんどなので、まずは近くの弁護士事務所に問い合わせるといいでしょう。

給付金請求を弁護士に依頼する場合は、給付金額の8パーセントのうち実質4パーセントを弁護士費用として支払います。残り4パーセントは、国から支給されるので、弁護士費用の全額を負担する必要はありません。実費は別負担しなくてはならないこともあります。しっかりと依頼前に確認しておくことが重要です。

B型肝炎給付金、できることから始める

B型肝炎給付金は、B型肝炎訴訟を原告として起こした上で、国との和解に至ったケースに限り、特別措置法により支給されるものです。自分が対象者だと分かっていても、提訴しなければ何も始まりません。自分がB型肝炎だと他の人に知られたくない、知られるのが怖いという理由から相談をためらう人がいるかもしれません。

しかしながら、まずは近くの弁護士法人に相談するのが一番です。相談した法人がB型肝炎問題に精通していなければ、他の法人を紹介してくれるでしょう。弁護士は秘密を守ってくれますので、相談時から安心して大丈夫です。

B型肝炎給付金の請求期限について。

B型肝炎給付金、受け取りするには

B型肝炎給付金は、集団予防接種などを受けたことで、B型肝炎ウィルスに感染した人が受け取りの対象になります。母親から子供に感染した母子感染のケース、家族がB型肝炎で亡くなったケースも該当します。

自分がB型肝炎であることや関係者であることを、他の人に知られたくないからと請求をためらう人が多く、請求した人の数はなかなか増えません。B型肝炎給付金は、国の特別措置法により支払われる損害賠償金です。国から支払われる権利があるのですから、少しでも疑問などがあれば、問い合わせるのが重要です。問い合わせは、弁護士にしましょう。

ネットでB型肝炎給付金請求について調べるならB型肝炎給付金請求ナビがお勧めです。いろいろな事例を紹介しています。大阪、京都、神戸の弁護士事務所、みお綜合法律事務所が運営しています。B型肝炎訴訟にも強い弁護士事務所です。

https://www.bgata-kyufukin.com/

B型肝炎給付金はばらつきがある

給付される金額は定められていますが、認められる範囲が限定されているために、どうしてもばらつきが生じやすいです。B型肝炎給付金を受け取れるのはいいですが、認められる範囲によって給付は変わってしまうので、納得出来ないような判定も多くあります。

もっと高いと思っていたら安くなっていて、できる限り高くなるように訴訟を考えても無理な場合もあります。弁護士なども考えて行動してくれますが、やはりB型肝炎給付金は認定されている範囲によって変わってしまうために、認められた範囲で受け取るしかないと言われる場合もあります。

二次感染者による弁護士相談とB型肝炎給付金の受け取り

予防接種を受けた本人は、弁護士相談を受けて、B型肝炎給付金の受け取りを行う事ができるという事を知っている人は多いでしょう。

しかし、弁護士相談を受けてB型肝炎給付金の受け取りを行う事ができるのは、本人のみならず、二次感染者も対象になります。

ですので、弁護士相談を受けてB型肝炎給付金の受け取りが可能かもしれないと感じたら、親に確認してみましょう。

弁護士相談を受けてB型肝炎給付金の受け取りを行うために、予防接種を受けた事を証明できる書類などがあれば順調に手続きが進むでしょう。

しかし、証拠がない場合でも弁護士相談を受けてB型肝炎給付金の受け取りが可能な場合もあります。

B型肝炎訴訟に対応した全国弁護団

可能であれば、B型肝炎訴訟について相談したいと考えているのであれば、全国弁護団がいいでしょう。全国弁護団は各地にありますので、B型肝炎訴訟について相談する際に、自分の自治体の全国弁護団のホームページを確認しましょう。

B型肝炎訴訟に対応していますので、相談できます。全国弁護団のホームページからB型肝炎訴訟に向けて必要な情報を得る事ができます。

B型肝炎訴訟について全国弁護団に相談したい時には電話を利用する事ができます。受付時間内の都合がいい時に連絡を行う事により、解決を目指す事ができます。

いつまでも対応してもらえる分けではなく、期限がありますので注意が必要でしょう。

全国弁護団におけるB型肝炎訴訟の実績

和解成立件数について紹介されている事もありますが、全国弁護団におけるB型肝炎訴訟の実績は豊富にあります。

ですので、B型肝炎訴訟の事で、全国弁護団に相談したいという場合にも安心して相談する事ができます。

しかし、まだ全国弁護団に相談するなどしてB型肝炎訴訟が行えていない人もたくさんいる様です。

自分がまだの人は、全国弁護団にB型肝炎訴訟の事について早く相談し、対応する事が重要になってきます。

しかし、家族も二次感染の可能性もありますので、まだ対応できていない場合は、全国弁護団にB型肝炎訴訟の事で相談する必要があります。

相談の際は家族に確認し、まとめて解決を目指しましょう。

B型肝炎訴訟と弁護士費用について
個人のB型肝炎の症状と訴訟
訴訟費用の不安を解消してB型肝炎の解決
B型肝炎訴訟費用
相談会を活用したい時効が決められたB型肝炎訴訟
B型肝炎訴訟
B型肝炎訴訟における歴史と新たな制度
B型肝炎訴訟の支払い
B型肝炎の感染原因と予防接種の必要性
B型肝炎訴訟に対応した全国弁護団
全国弁護団におけるB型肝炎訴訟の実績
B型肝炎給付金
弁護士の公式サイトで確認するB型肝炎給付金
B型肝炎給付金の請求について知りたい
B型肝炎の原因と再感染の可能性
B型肝炎の給付金を連続して受給する人
弁護士に依頼できるB型肝炎の給付金請求
無症状でもB型肝炎の給付金で受け取る事ができる金額
臓器移植が原因でなることもあるB型肝炎
原因を知りB型肝炎の感染を防ぐ
忘れない様にしたいB型肝炎給付金の請求期限
B型肝炎給付金請求は難しい
知っておきたい情報
交通事故の慰謝料
交通事故慰謝料に見られる弁護士基準の設定
要介護となった際の交通事故慰謝料の事例
入院費が含まれた交通事故慰謝料について弁護士にお任せ
交通事故相談
弁護士が紹介する交通事故相談の事例
リスクを説明する大阪において交通事故の相談に応じる弁護士
交通事故弁護士
交通事故弁護士は弁護士基準で計算してくれます
交通事故弁護士に依頼する出張の費用
交通事故弁護士に相談することが解決への早道です
交通事故弁護士に相談することのメリット
交通事故弁護士のメリット
交通事故弁護士による後遺障害の取扱い
交通事故示談を交通事故弁護士に依頼したい理由
過払い請求の時効
過払い金返還請求
弁護士の業務である過払い請求
弁護士にお願いできる過払い請求
過払い
過払い請求を大阪の弁護士に依頼する
過払いについて大阪の法律事務所に相談
過払い大阪
大阪の弁護士がおこなう過払い請求について
ネットで探す大阪の過払いを扱う法律事務所
弁護士業務の一つである過払いの請求