弁護士に聞きたいB型肝炎訴訟の条件とは

国に損害賠償を請求する「B型肝炎訴訟」を提起し和解が成立することで給付金を受け取れます。

TOP B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟 B型肝炎訴訟費用 B型肝炎訴訟弁護士 弁護士に依頼できるB型肝炎の給付金請求

目次

弁護士に依頼できるB型肝炎の給付金請求

過去に国によって行われた集団予防接種によりB型肝炎に感染してしまった人は、国の救済措置として給付金を受け取ることができます。

これは感染者から母子感染してしまった人も対象となりますが、給付金を受け取るためには訴訟を提起する必要があるため、一連の手続きを弁護士に依頼することも認められています。

弁護士に依頼する場合、心配なのは報酬についてですが、このB型肝炎の損害賠償請求に関しては、法の定めにより支払われる給付金とは別に、支給される金額の4%が弁護士費用として支払われます。

国がB型肝炎訴訟費用の一部を負担することで、請求者の金銭的な負担を軽くするための措置が取られているのです。

B型肝炎給付金の請求期限について。

弁護士費用とB型肝炎給付金

救済の対象となっている人は、B型肝炎給付金について弁護士に相談したいと考えている場合が多い様です。

B型肝炎給付金について相談するのはいいが、弁護士費用を捻出できるか分からないと不安な人もいる様です。

しかし、B型肝炎給付金についての相談は、戻ってきた金額から支払う事ができ、もしB型肝炎給付金を受け取る事ができない場合には、弁護士費用は発生しないとしている法律事務所もある様です。

この様に、B型肝炎給付金について相談する際に、料金体系が明確に示されているとかなり利用しやすく感じられる事もあるでしょう。

また、受け取り後に支払う事ができるシステムなら負担は大幅に減らせそうです。

B型肝炎訴訟費用について。

対象者の救済措置であるB型肝炎給付金

昭和23年以降に行われてきた幼児への集団予防接種は、注射器の連続使用が続けられたことでB型肝炎ウイルスの感染被害拡大へと繋がってしまいました。

感染被害を受けてしまった方や弁護士によって訴訟が起こされたことから、現代では、B型肝炎給付金の支給が行われています。

決められた手続きが必要とされており、一定条件の項目を満たすことで給付金の受け取りが可能となり、速やかな問題解決を意識したいものです。

対処方法に困ってしまう場合などについては、弁護士への相談が行われるケースもあり、手続きの代行依頼を行うことも可能です。

B型肝炎給付金請求は難しい?

B型肝炎給付金、金額はいくら?

B型肝炎給付金は、幼い頃の集団予防接種によりB型肝炎ウィルスに感染した一次感染者及び、母子感染した二次感染者した人が対象になります。

母子感染の場合は、母親から子供に感染したケースです。感染した後、何の症状も出ておらず20年を経過していたら、給付金は50万円と検査費用などの関連する費用が支払われます。

同じく、症状が出ていないものの20年経過していないなら、給付金は600万円になります。その他、死亡、肝がん、肝硬変、慢性B型肝炎など、症状の程度によって給付金の額が決定されます。ケースごとに必要書類が異なるため、弁護士などの専門家に相談するのがベストといえます。

B型肝炎給付金の受け取りに関する必要事項

B型肝炎給付金の受け取りについては、自分が対象として含まれているかどうか、どのような条件項目を満たしている必要があるかといった事柄を、詳しく調べる必要があります。

昭和23年以降に行われてきた集団予防接種や母子感染が原因となるB型肝炎ウイルスの感染が基本前提となっており、感染者本人と家族に対して支払われる給付金のことが指示されています。

国を相手取ったB型肝炎訴訟など、正しい手続きを行う必要もあるため、細やかな対応や情報収集が重要となります。

不明点や疑問点が発生した場合においては、弁護士による相談業務も受け付けられています。

B型肝炎訴訟の無料相談会を行う全国弁護団

時としてB型肝炎訴訟を検討している人に対し、全国弁護団は無料相談会を行っている事もあります。全国弁護団によるB型肝炎訴訟の無料相談会に参加すると、給付金の受け取りの実現に近づく事ができます。

B型肝炎訴訟は気になっていても、なかなかアクションに移せない人も全国弁護団の無料相談会であれば利用しやすい事もあります。

全国弁護団によるB型肝炎訴訟の無料相談会については、日時を確認しましょう。

全国弁護団によるB型肝炎訴訟の無料相談会は予約がなくても参加できる場合が多い様ですが、詳しい事について確認しておきましょう。残りの時間は限られているため、早く行動する事が大事です。

家族が代わりに全国弁護団に行うB型肝炎訴訟の相談

可能であれば本人が全国弁護団にB型肝炎訴訟の相談をする必要があります。

しかし、死亡しているなど本人が全国弁護団にB型肝炎訴訟の相談を行う事ができないというケースもあります。

その場合には、相続人が代わりに全国弁護団にB型肝炎訴訟の相談を行う事ができます。

相続人であっても全国弁護団にB型肝炎訴訟の相談を受ける事で、給付金を受け取る事ができます。

家族の場合には給付金の受け取り対象である事に気が付いていない人もいます。

ですので、全国弁護団にB型肝炎訴訟の相談ができていない場合には、早めに確認を済ませて対応する様にしましょう。対応が遅れる事がない様に注意が必要です。

B型肝炎訴訟について

メニュー

弁護士に聞きたいB型肝炎訴訟の条件とはTOP    B型肝炎訴訟    B型肝炎給付金    B型肝炎訴訟費用     B型肝炎訴訟弁護士     交通事故相談    交通事故弁護士    交通事故慰謝料    過払い    過払い請求    過払い大阪

B型肝炎訴訟と弁護士費用について
個人のB型肝炎の症状と訴訟
訴訟費用の不安を解消してB型肝炎の解決
B型肝炎訴訟費用
相談会を活用したい時効が決められたB型肝炎訴訟
B型肝炎訴訟
B型肝炎訴訟における歴史と新たな制度
B型肝炎訴訟の支払い
B型肝炎の感染原因と予防接種の必要性
B型肝炎訴訟に対応した全国弁護団
全国弁護団におけるB型肝炎訴訟の実績
B型肝炎給付金
弁護士の公式サイトで確認するB型肝炎給付金
B型肝炎給付金の請求について知りたい
B型肝炎の原因と再感染の可能性
B型肝炎の給付金を連続して受給する人
弁護士に依頼できるB型肝炎の給付金請求
無症状でもB型肝炎の給付金で受け取る事ができる金額
臓器移植が原因でなることもあるB型肝炎
原因を知りB型肝炎の感染を防ぐ
忘れない様にしたいB型肝炎給付金の請求期限
B型肝炎給付金請求は難しい
知っておきたい情報
交通事故の慰謝料
交通事故慰謝料に見られる弁護士基準の設定
要介護となった際の交通事故慰謝料の事例
入院費が含まれた交通事故慰謝料について弁護士にお任せ
交通事故相談
弁護士が紹介する交通事故相談の事例
リスクを説明する大阪において交通事故の相談に応じる弁護士
交通事故弁護士
交通事故弁護士は弁護士基準で計算してくれます
交通事故弁護士に依頼する出張の費用
交通事故弁護士に相談することが解決への早道です
交通事故弁護士に相談することのメリット
交通事故弁護士のメリット
交通事故弁護士による後遺障害の取扱い
交通事故示談を交通事故弁護士に依頼したい理由
過払い請求の時効
過払い金返還請求
弁護士の業務である過払い請求
弁護士にお願いできる過払い請求
過払い
過払い請求を大阪の弁護士に依頼する
過払いについて大阪の法律事務所に相談
過払い大阪
大阪の弁護士がおこなう過払い請求について
ネットで探す大阪の過払いを扱う法律事務所
弁護士業務の一つである過払いの請求