弁護士に聞きたいB型肝炎訴訟の条件とは

国に損害賠償を請求する「B型肝炎訴訟」を提起し和解が成立することで給付金を受け取れます。

サイト案内

早期に着手したいB型肝炎の訴訟

幼い頃の予防接種については、明確な記憶などもなく、詳しい事について覚えていないという人も多いかと思います。

近年ではB型肝炎の訴訟において、和解となり、救済してもらう事もできる様になりました。しかし、訴訟となると客観的に見ても、B型肝炎が予防接種と関連があると判断される必要があり、具体的に母子手帳を用意したり、他にも必要な書類を用意したりしないといけない場合が多いと思います。

確実に証明できる物が見当たらない場合には、訴訟が難航してしまう可能性も考えられます。B型肝炎の人で、救済を求める人は少しでも早期に着手したいですね。

給付金の支払いが完了するまで、時間がかかってしまう事もある様です。

当サイトでは、弁護士に聞いてみたいB型肝炎の訴訟や給付金について、色々とご紹介をしています。