弁護士に聞きたいB型肝炎訴訟の条件とは

国に損害賠償を請求する「B型肝炎訴訟」を提起し和解が成立することで給付金を受け取れます。

臓器移植が原因になる可能性もあるB型肝炎

臓器移植というのは、医療の発展により脳死状態となり回復の見込みがない患者の臓器を、他の患者に移植するという医療です。

医療が発展するという事は、昔では助からなかった患者が助かる可能性が高くなりますのでいい事も多いですが、それでもなお現在においても完璧ではなく、問題点もあります。臓器移植についてもB型肝炎の原因になる可能性があると考えられます。

移植を行うドナー患者がB型肝炎に感染していないかどうかを把握する事が求められるでしょう。

また、B型肝炎は他の人の血液が原因で感染する事もある事から、臓器の移植だけではなく、血液の輸血を行う事も原因の一つに数えられます。その他には透析なども含まれます。

B型肝炎給付金の受け取りに関する注意点

B型肝炎給付金は、かつて実施された集団予防接種の、注射器の連続使用で発生したB型肝炎ウイルスの被害者と、その家族が支払いの対象とされています。そのほか、一定の条件を満たしている必要があり、さらに定められた手続きをすることで、実際の給付金の受け取りへと繋げられます。

手続きの内容には、自分が給付金の受け取り対象に含まれていることを証明したり、国を相手とした訴訟を起こすことが必要であったりするため、手続きに関しても手順に沿った方法で行わなければなりません。弁護士への相談によって解決させられる場合もあります。

実現されているB型肝炎給付金の支給

集団予防接種を義務付けられたことで、注射器の連続使用が行われた結果、B型肝炎ウイルスの感染拡大が大きな問題へと発展してしまった歴史が存在しています。感染被害者と弁護人による訴訟が行われた結果、対象者に対してはB型肝炎給付金が支払われるようになりました。

感染被害者本人と家族に対しての支給が実現されており、定められた手続きを行うことで受け取りが可能とされています。手続きにおける対処方法などについては、弁護士への相談が可能でもあり、手続きに関する相談の他、代行依頼としての業務も受け付けられており、幅広く利用できます。

B型肝炎給付金の支払い制度について

B型肝炎給付金の支給制度は、これまでおこなわれてきた集団予防接種で問題視された、注射器の連続使用で発生したB型肝炎ウイルスの感染被害が要因となっています。被害感染者の本人と家族が対象者として含まれており、手続きを正しく行うことで球菌の受け取りが実現されています。

対象者であることが証明されたり、国を相手に訴訟を起こして和解協議されることで、正しい給付金の受け取りに繋げられます。また、対応策に困ってしまった場合においては、弁護士への相談業務も活用されており、手続きの代行業務として依頼することも可能とされています。

B型肝炎給付金を受け取る対象は?

B型肝炎給付金を受け取るには、まず自分が対象に当てはまるか確定させる必要があります。生年月日、集団予防接種でB型肝炎ウィルスに感染したことを証明する必要があります。献血をしたことで、感染を知るケースも数多くあります。

B型肝炎ウィルスに感染していても、20年以上症状が表れないケースも多く、自分が対象者であると気付いていないケースも多いのが現状です。それでも50万円の給付金と検査費用などが支給されますので、請求するのが大切です。死亡、肝がん、重度の肝硬変の被害があり、20年を経過していないなら、給付金の最大額となる3600万円が支給されます。

B型肝炎訴訟について