弁護士に聞きたいB型肝炎訴訟の条件とは

国に損害賠償を請求する「B型肝炎訴訟」を提起し和解が成立することで給付金を受け取れます。

個人のB型肝炎の症状と訴訟

人によってB型肝炎の症状が異なりますので、訴訟をした時も支払われる給付の金額に変化が出てくる可能性があります。給付金の金額は50万円から最大3,600万円と大きく差があります。

B型肝炎が原因で肝硬変になったり、肝がんになったり、もしくは慢性肝炎になったりする事もある様です。また、それぞれの病気においても人によって死亡する人もいれば重症の人もおり、軽度の人や治療を行う事によって完治している人もいるかと思います。

この様にB型肝炎は様々な病気を引き起こす事もあり、訴訟においてはいろんなケースがあります。

B型肝炎訴訟を検討しているけれど、分からない事や困った事が出て来た時には、ぜひ救済を行っている弁護士などの法律家を頼りたいですね。

B型肝炎訴訟による給付金制度の制定

B型肝炎訴訟の歴史は、過去に実施されていた集団予防接種が基となっています。幼少期の子どもに義務付けられていた反面、注射器の連続使用が行われていたことで、B型肝炎ウイルスの感染原因として広まってしまいました。

当時から国への賠償責任が強く求められていたことで、給付金の支払いが制度として成り立っています。定められた手続きを行うことで、正しい方法での給付金を受けることが可能となります。国からの救済措置として考えられており、自分が対象に含まれているかどうかなどを調べるために、弁護士への相談が行われるケースも見受けられます。

B型肝炎訴訟は自力でできる?

B型肝炎訴訟は、自力でも進められないわけではありません。しかしながら、症状やケースに応じた必要書類を揃えること、実際の手続きは思った以上に慣れない者にとっては大変です。弁護士費用はかかってしまいますが、弁護士に依頼すると、煩雑な手続きから逃れられます。

弁護士費用の一部は、国からも支給されますので、全額負担しなければならない訳ではありません。相談無料、調査料金無料で事前費用が必要ないことが多いですから、まずは相談してみるといいでしょう。全国の案件に対応している弁護士法人も多いですから、近くの事務所を訪ねるのが一番です。

B型肝炎訴訟で基本合意が成立した後の恒久対策活動

B型肝炎訴訟問題で、国と訴訟弁護団の間に基本合意が締結されました。締結されたからと感染者全員が救済されるわけではなく、成立した救済措置は、あくまでも一部の感染者にしか適用しません。原告団と弁護団は、全てのウィルス性患者が安心して暮らせるような恒久対策活動を共に行っています。

その一つとして、国の厚生労働大臣などと協議を行う場を勝ち取っています。より肝炎対策の実現に向けて、協議することにより、原告団の訴えや現状を伝えることができます。恒久対策活動は、始まったばかりですので、感染者一人一人が周知して力を合わせることが大事です。

給付金支払いの基となるB型肝炎訴訟

昭和23年から実施されていた幼児への集団予防接種は、注射器の使い回しによって、B型肝炎ウイルスの感染原因となってしまい、多くの被害が確認されています。国への賠償責任が求められてきたB型肝炎訴訟を通じて、給付金の支払いが行われるようになり、国からの救済措置として利用されています。

自分が給付金の受け取り対象者として含まれていることを確認するためには、弁護士への相談が有効的な場合もあります。また、定められた手続きを行う必要があり、国を相手とした訴訟などを進めることが、正しい給付金の受け取りに繋がります。

B型肝炎訴訟について