弁護士に聞きたいB型肝炎訴訟の条件とは

国に損害賠償を請求する「B型肝炎訴訟」を提起し和解が成立することで給付金を受け取れます。

B型肝炎の感染原因と予防接種の必要性

B型肝炎の感染の原因は、主に体液や血液です。昔は医療器具の消毒不足による感染も問題視されていましたが、現在では性行為による感染がかなり増えています。

B型肝炎で恐いところは、感染しても無自覚のまま定着するキャリアが存在することです。パートナーがキャリアである場合、予防接種が必要になります。

感染しても症状が出ないことは多々ありますが、中にはガンになってしまうケースもありますので、リスクを減らすために予防接種を行わなければなりません。

最近では、簡単に検査を受けることができますし、治療のレベルも向上しています。

B型肝炎給付金、誰に相談するか

B型肝炎給付金を請求したい場合は、B型肝炎訴訟問題に精通し、長年にわたる実績がある弁護士法人に相談するのが一番です。全国の案件に対応してくれる弁護士法人がほとんどなので、まずは近くの事務所に問い合わせるといいでしょう。

給付金請求を弁護士に依頼する場合は、給付金額の8パーセントのうち実質4パーセントを弁護士費用として支払います。残り4パーセントは、国から支給されるので、弁護士費用の全額を負担する必要はありません。実費は別負担しなくてはならないこともあります。しっかりと依頼前に確認しておくことが重要です。

B型肝炎給付金、できることから始める

B型肝炎給付金は、B型肝炎訴訟を原告として起こした上で、国との和解に至ったケースに限り、特別措置法により支給されるものです。自分が対象者だと分かっていても、提訴しなければ何も始まりません。自分がB型肝炎だと他の人に知られたくない、知られるのが怖いという理由から相談をためらう人がいるかもしれません。

しかしながら、まずは近くの弁護士法人に相談するのが一番です。相談した法人がB型肝炎問題に精通していなければ、他の法人を紹介してくれるでしょう。弁護士は秘密を守ってくれますので、相談時から安心して大丈夫です。

B型肝炎給付金、受け取りするには

B型肝炎給付金は、集団予防接種などを受けたことで、B型肝炎ウィルスに感染した人が受け取りの対象になります。母親から子供に感染した母子感染のケース、家族がB型肝炎で亡くなったケースも該当します。

自分がB型肝炎であることや関係者であることを、他の人に知られたくないからと請求をためらう人が多く、請求した人の数はなかなか増えません。給付金は、国の特別措置法により支払われる損害賠償金です。国から支払われる権利があるのですから、少しでも疑問などがあれば、問い合わせるのが重要です。問い合わせは、弁護士にしましょう。

B型肝炎給付金はばらつきがある

給付される金額は定められていますが、認められる範囲が限定されているために、どうしてもばらつきが生じやすいです。B型肝炎給付金を受け取れるのはいいですが、認められる範囲によって給付は変わってしまうので、納得出来ないような判定も多くあります。

もっと高いと思っていたら安くなっていて、できる限り高くなるように訴訟を考えても無理な場合もあります。弁護士なども考えて行動してくれますが、やはりB型肝炎給付金は認定されている範囲によって変わってしまうために、認められた範囲で受け取るしかないと言われる場合もあります。

B型肝炎訴訟について