弁護士に聞きたいB型肝炎訴訟の条件とは

国に損害賠償を請求する「B型肝炎訴訟」を提起し和解が成立することで給付金を受け取れます。

弁護士に依頼できるB型肝炎の給付金請求

過去に国によって行われた集団予防接種によりB型肝炎に感染してしまった人は、国の救済措置として給付金を受け取ることができます。

これは感染者から母子感染してしまった人も対象となりますが、給付金を受け取るためには訴訟を提起する必要があるため、一連の手続きを弁護士に依頼することも認められています。

弁護士に依頼する場合、心配なのは報酬についてですが、このB型肝炎の損害賠償請求に関しては、法の定めにより支払われる給付金とは別に、支給される金額の4%が弁護士費用として支払われます。

国が費用の一部を負担することで、請求者の金銭的な負担を軽くするための措置が取られているのです。

弁護士費用とB型肝炎給付金

救済の対象となっている人は、B型肝炎給付金について弁護士に相談したいと考えている場合が多い様です。B型肝炎給付金について相談するのはいいが、弁護士費用を捻出できるか分からないと不安な人もいる様です。

しかし、B型肝炎給付金についての相談は、戻ってきた金額から支払う事ができ、もしB型肝炎給付金を受け取る事ができない場合には、弁護士費用は発生しないとしている法律事務所もある様です。

この様に、B型肝炎給付金について相談する際に、料金体系が明確に示されているとかなり利用しやすく感じられる事もあるでしょう。また、受け取り後に支払う事ができるシステムなら負担は大幅に減らせそうです。