弁護士に聞きたいB型肝炎訴訟の条件とは

国に損害賠償を請求する「B型肝炎訴訟」を提起し和解が成立することで給付金を受け取れます。

TOP B型肝炎訴訟について

B型肝炎訴訟について

A型肝炎は急性肝炎になることが多いですが、B型肝炎は慢性肝炎となる場合が多いのが特徴です。B型肝炎の原因ウイルスを体内から排除することが難しいからです。

慢性化することで、治療費が重くのしかかってくることになります。ただ、集団予防接種でB型肝炎に感染してしまった場合は、国からの給付金を受けることができます。

給付金を受けるには、国を相手に訴訟を起こし、集団予防接種によってB型肝炎に感染したことを認定してもらう必要があります。また、訴訟費用は病状によって違ってきます。

3600万円の給付金を受けることができる死亡、肝がん、肝硬変(重度)の場合、12万8000円の印紙代が必要です。

B型肝炎訴訟の流れについて

もしかすると自分もB型肝炎訴訟を行い、給付金を受け取る事ができる可能性も考えられるという人は、いきなり弁護士の所に行ってB型肝炎訴訟の相談をするのではなくて、まずは検査を受けて、B型肝炎に感染しているかどうかを確認しましょう。

もし、感染している場合には、その経路について調査する事でB型肝炎訴訟にかなり近づく事でしょう。集団感染が原因となっている場合には、B型肝炎訴訟をする事ができます。

そして、弁護士に相談しましょう。B型肝炎訴訟については、すべき事がたくさんある場合もあり、時間がかかる事もあります。少しでも早くすべての手続きを終えたい人は、できるだけ早期に開始しましょう。

B型肝炎訴訟の手続きは簡単ではない

B型肝炎訴訟は、国と訴訟団の和解が成立しています。そのため個人で訴訟を起こさず、手続きのみで給付金を受け取れると思っている方は、そう少なくありません。訴訟団と和解が成立していても、対象者の多さや各個人で感染源やその後の病状があるため、手続きだけでは受け取ることができません。

給付金を受け取るためには、初めに弁護士を立て少ない書類を作成して、国相手に裁判を起こして成否を判断してもらう必要があります。個人では面倒な手続きも弁護士におこなってもらえるので、訴訟を起こそうとしている方は一度相談に行くことをおすすめします。

B型肝炎訴訟における歴史と新たな制度

過去には、集団予防接種における注射の連続使用が大きな問題へと発展し、B型肝炎ウイルスの間瀬園における被害拡大に至ってしまった歴史があります。B型肝炎訴訟によって、感染被害者や弁護人による国への賠償責任が求められ続けた結果、救済措置として給付金の支払いが行われるようになりました。

定められた手続きを正しく行う事で、給付金の受け取りが可能とされており、細やかな対処が必要とされています。どのような対応を行えば良いか知りたい時などについては、弁護士への相談も活用されており、些細な疑問について解決させられます。

B型肝炎訴訟、症状がない場合

B型肝炎給付金の請求は、何の症状が出ていない場合でもすることができます。B型肝炎ウィルスに感染しているけれども症状がないことを、無症候性キャリアといいます。給付条件を満たしていれば、B型肝炎訴訟で請求することができます。

幼い頃に集団予防接種を受けた際に、注射器の使い回しによりB型肝炎ウィルスに感染した人に支払われる、国からの損害賠償金を給付金とよんでいます。その対象者に該当すると証明できれば、支給されるのです。実際に、献血をして初めて気付く人も多く、最大で約40数万人といわれている対象者のうち、請求したのは少数です。

B型肝炎訴訟について

メニュー

弁護士に聞きたいB型肝炎訴訟の条件とはTOP B型肝炎訴訟 B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟費用 B型肝炎訴訟弁護士 交通事故相談 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 過払い 過払い請求 過払い大阪