弁護士に聞きたいB型肝炎訴訟の条件とは

国に損害賠償を請求する「B型肝炎訴訟」を提起し和解が成立することで給付金を受け取れます。

B型肝炎訴訟について

A型肝炎は急性肝炎になることが多いですが、B型肝炎は慢性肝炎となる場合が多いのが特徴です。B型肝炎の原因ウイルスを体内から排除することが難しいからです。

慢性化することで、治療費が重くのしかかってくることになります。ただ、集団予防接種でB型肝炎に感染してしまった場合は、国からの給付金を受けることができます。

給付金を受けるには、国を相手に訴訟を起こし、集団予防接種によってB型肝炎に感染したことを認定してもらう必要があります。また、訴訟費用は病状によって違ってきます。

3600万円の給付金を受けることができる死亡、肝がん、肝硬変(重度)の場合、12万8000円の印紙代が必要です。

B型肝炎訴訟の流れについて

もしかすると自分もB型肝炎訴訟を行い、給付金を受け取る事ができる可能性も考えられるという人は、いきなり弁護士の所に行ってB型肝炎訴訟の相談をするのではなくて、まずは検査を受けて、B型肝炎に感染しているかどうかを確認しましょう。

もし、感染している場合には、その経路について調査する事でB型肝炎訴訟にかなり近づく事でしょう。集団感染が原因となっている場合には、B型肝炎訴訟をする事ができます。

そして、弁護士に相談しましょう。B型肝炎訴訟については、すべき事がたくさんある場合もあり、時間がかかる事もあります。少しでも早くすべての手続きを終えたい人は、できるだけ早期に開始しましょう。